読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

柴犬さくらの生活日記

2015.5.30に生まれた柴犬さくらの生活を、飼い主の孫にあたる不登校中学生が綴るブログ。

映画『金メダル男』観てきた。

作成者の日常。

スマホからご覧の方へ。
 このブログはPCで書かれているため
 スマホで見ると見にくい点が多くあります。
 画面を横向きすると少しは改善されるかと思います。

 

どうもどうも。

最近 夜寝れない作成者です。

 

深夜2時ぐらいにならないと眠くなりません。

でもそこで寝ると、起きたら既に昼12時過ぎってのがよくあって

もう寝るのさえ嫌になってきます。

 

眠たいのに寝れないのも辛いけど、

眠たくないのに寝なきゃいけないのも相当辛いんですよ。

 

寝れない間、とてつもなく暇です。

眠たくないのに寝なきゃだからずっと布団の中にいて、

序盤は何か考えたりしてれば時間を潰せるんだけど

だんだん何にも考える事が無くなって発狂したくなる程です。

 

そんな訳で今日は一睡もせず朝を迎えました。。。

ただそうしたお陰で今から書く話は成り立ったのです。

 

 

今日10月24日、私は、

映画金メダル男を観てきましたー!!!

 

f:id:Sakurachannel0530:20161024212319j:plain

(やはりガラスは反射して難しいですね・・・)

 

この「金メダル男」はあのウッチャンが原作・脚本・監督、

そして主演も務めるという話題作。

 

ナンチャンより断然ウッチャン派、

myプロフィールの好きな芸人にもウッチャンを挙げた程のファンであり、

イッテQも毎回見てるし(大車輪すごかった)、ホント面白いので

この映画は絶対観に行こうと前々から決めていたんです!

 

本当は昨日観に行こうと思ってたんだけど、起きれなくて行けず。

ですが今日は一睡もしなかったので観に行く事が出来ました!

 

一睡もしないのはダメだとか言うけど、

まぁ今回は一睡もしなかった事によって

インドアな私が外に出れたという事で許して下さい。笑

 

とにかく切羽詰ったのが苦手で、

例えば今すぐ家を出発すれば映画の上映時刻にギリギリ間に合う!とかだったら

もう後日に回してしまうのが私の性格。

なので時間に余裕があるのは精神面において非常に良いのです。

 

で、この映画は一昨日10月22日から公開されているので

私は3日目に観に行ったんですね。

 

ブログって何でも先手、先手に行かないとだから

私もブログを始めてからは先取りをするようになりました。

 

この映画「ワンピース」も公開初日に見に行ったし。↓

sakurachannel0530.hatenablog.jp

 

そんな感じでブログを意識して写真もたくさん撮ってきたので

それを交えながら書いていきたいと思います。

 

 

家ではとにかく動きやすさ重視で軽い服を着ているのですが、

おでかけ時は最低限のラインを守った服を着ていきます。

いつもと違う服なのでさくらから詮索されるのが常ですw

f:id:Sakurachannel0530:20161024212335j:plain

 

さくらもおでかけに行きたかったのか、

私が去ったあと吠えたり遠吠えしたりを連発していました。

 

 

車内ではガチで寝そうなりつつ目的地に到着。

 

今回はブログ的に考えていつも行く場所ではなく、

名駅にある「109シネマ」へと足を延ばしてみました!

 

屋上駐車場からの景色です!↓

f:id:Sakurachannel0530:20161024212340j:plain

都会だーーーーー!!!

 

名古屋と言っても平凡な住宅街に住む私は

この都会感に少しテンションが上がります。笑

真ん中に見えるのが かの有名な(?)「スパイラルタワー」ですね。

いや~それにしてもいいお天気ですね。映画館だから天気関係ないけど。

 

映画館は9時30分開館で、私が着いた時はまだ閉鎖されていました。

 

9時30分。

警備員が来てゲートが開放される。

私はエスカレーターに1番乗り!

ちょっと嬉しかったです。(子供かよw)

 

入場してすぐの壁全面に「金メダル男」のポスターが!

f:id:Sakurachannel0530:20161024212403j:plain

 

そして関係ないんだけど「君の名は。」のポスターが!

f:id:Sakurachannel0530:20161024212420j:plain

有名人のサインが入ってたからつい撮っちゃった!(ミーハー魂)

 DEATH NOTE」のポスターも撮っちゃいました!w

 

 

10時からの上映まではまだ時間があったのでまずは食料集め!

 

ポップコーンにコーラ、チュリトスにホットドッグ!

一緒に行った家族が「チュリトス」を「チュトリス」って言ってた。テトリスじゃあるまいしw

 

f:id:Sakurachannel0530:20161024212509j:plain

ポップコーンはあんまりでしたね。ちょっと味が薄い。

私は食に興味ないけど塩にはうるさいから!笑

塩は強めにパンチを効かせるぐらいが自分なりのベスト!

 

コーラはペプシにしてはなかなか良い味でした。コカ・コーラにも引けを取らない。

 

 

色々と辺りをうろつきながら、

自分を察知して開く自動ドアで

あぁ自分はこの世に存在してるんだなーと実感したり。(←小説家っぽくね?w)

 

 

そして10時。スクリーンへ入場。

f:id:Sakurachannel0530:20161024212534j:plain

 

平日の朝なだけあって誰もいない!

たぶん10人ぐらいしかいなかったと思います。

 

人混みを大の苦手とする私にとっては好都合。

映画館ってちゃんとマナーがあって皆静かに観てくれるから

ファミレスとかと違ってほんと心が落ち着きますね。

 

 

さてここからはネタバレを含みつつ、

「金メダル男」感想を書いていきたいと思います。

 

f:id:Sakurachannel0530:20161024212235j:plain

 

「まもなく上映が始まります。」とスクリーンに映し出される。

だが映画ってのはここからが長い。

映画の告知だったりTVでよく見るCMだったりが流れ続け、なかなか始まらない。

 

何分か経ったあと急に、

真っ黒のスクリーンに白文字で

人生はクローズアップで見れば悲劇だが、

ロングショットで見れば喜劇だ。

という何かの名言ような文字が浮かび上がった。

 

え?これも映画の告知と思ったが、どうやらこれは映画本編だなと気付いた。

 

名言らしき文字の下に

「チャールズ・チャップリンと文字が出てきた。

どうやらさっきのは喜劇王チャップリンの名言だったらしい。

 

内村がMCを務める番組に「チャップリン」の名が入っているので

何というかリスペクト的な?と今調べてみて思った。

 

チャップリンの名言はスクリーンの暗闇に姿を隠し、

次に出てきたのは桑田佳祐の名言。

 

内容は覚えていないが、

今作の主題歌「君への手紙」は

昔からファンだったという内村からの熱烈なオファーを受け、

桑田が直々に書き下ろした楽曲。

 

その事もあっての採用だろう。

 

f:id:Sakurachannel0530:20161024212305j:plain

 

ここまでは良かった。

あぁこうやって映画って形成されるんだなーとか

やっぱウッチャンってすごいなーとか、とても感心していた。

 

しかし次の瞬間、私は衝撃を受ける事となる。

 

スクリーンに、

首以外の骨は全部折ってきた

というおよそ名言とは思えない言葉が出てきたのだ。

 

そして私の脳裏に、1人の男の姿が浮かんだ。

いや察したと言った方がいいのだろうか。

 

その予想は的中。

 

不可解な言葉の下に、

出川哲郎の文字が現れたのだ。笑

f:id:Sakurachannel0530:20161024212337j:plain

 

これにはさすがに笑ってしまったw

上映開始からまだ20秒も経っていない時のことである。

私は完全にウッチャンの、いや内村監督の思惑に嵌ってしまった。

 

先に言ってしまうと、

この「金メダル男」で1番印象に残っているのはこのシーンです。笑

 

f:id:Sakurachannel0530:20161024212147j:plain

 

これ以降の話は皆さん劇場で、という事にして

「金メダル男」の大まかなストーリーを紹介します。

 

東京オリンピックの開催に日本中が沸いていた1964年、

長野県塩尻市に1人の男の子が誕生した。

彼の名は「秋田泉一」。

 

幼少期はごく普通の男児だったが、

小学生の時に運動会の徒競走で一等賞に輝いた事がきっかけで

一等賞がもたらす幸福感に取り憑かれ、

「全てに置いて一等賞を獲る」という目標を立てる。

 

それ以降、あらゆるジャンルで一等賞を獲りまくり

いつしか「塩尻の金メダル男」と呼ばれるまでになっていた泉一だったが、

一等賞にこだわるからこそ味わう挫折にぶち当たる。

そんな彼の波乱万丈、七転八起な人生を描く。

 

f:id:Sakurachannel0530:20161024212205j:plain

 

そしてこの映画1番の見所が豪華なキャスト。

 

まず主役である秋田泉一の大人役をウッチャン

そして青年役を「Hey! Say! JUMP」の知念侑李が演じる。(Wキャスト)

 

他にも

 

木村多江さん

 

ムロツヨシさん

 

土屋太鳳さん

 

平泉成さん

 

宮崎美子さん

 

笑福亭鶴瓶 師匠

 

大泉洋さん

 

竹中直人さん

 

長澤まさみさん

 

加藤諒さん

 

ユースケ・サンタマリアさん

 

高嶋政宏さん

 

温水洋一さん

 

などなど有名どころが揃っております!

 

竹中直人さん演じる高校の校長先生に関しては

泉一に「新しい部活を作ってもいいですか?」と尋ねられ

振り返って「いいよ。」と言うだけという、ほんの数秒だけの出演です!

 

何て贅沢なんでしょうか!w

ドラマで毎回キーを握るような役を演じる竹中さんを

たった数秒だけの出演で終わらせるって、贅沢すぎるでしょ!

 

すごいですね。

芸能人だからこそ、

いやウッチャンだからこそ、この豪華キャストを集められたんです。

 

それはウッチャンの人柄といい、

本当に素晴らしいものに皆が引き付けられたとでも言いましょうか。

すごいよ。うん。

 

 

この映画は内村作品なだけあって

1つのコントとして成り立っているようにも思えます。

私も所々笑いながら観ていました。

 

 

とにかく簡潔に言うと、

面白かったです。笑

 

f:id:Sakurachannel0530:20161024212221j:plain

 

素直に面白いなーと思える作品でした。

 

皆さんも是非、劇場に足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

私と同じくウッチャン派という方は

こちらのボタンをクリックお願いします。笑

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村

 

 

下の☆とブックマークボタン、押してくれると励みになります^^

SNSでの共有・拡散もバンバンやっちゃって下さい!

コメントも待ってます!(「観に行ったよ!」とか書いてくれると嬉しいです。)

 

急げ!新ドメインは早いもの勝ち!

広告を非表示にする